2006年06月11日

私の中のタンス

昨日は環境整備委員さんとPTAの懇親会がありました。

環境整備委員会という組織はどこにでもあるというものではないですね。
大ざっぱにいうと地域の方と、PTAのOB&現役の人がボランティアで小学校の環境を整えてくださる組織です。

その懇親会で、以前ブタマンちゃんが担任していただいた先生とゆっくりお話しすることができました。
あと数年で退職されるベテランの男性教諭で、生徒からも先生からも絶大なる信頼を集めています。
実は私も大ファンで、少しでもたくさん会話したいと思っています。
ですから、その先生といろいろな話をすることができた昨日の懇親会は、とってもハッピーでした。

中でも印象に残った話があるんです。
ある人がその先生を「タンスの引き出しをたくさん持っていて、引き出しの中はたくさん詰まっている。」と褒めた時のこと…。
その先生が「タンスがあるだけではダメなんですよね〜」と受けられました。
時代時代で子供たちは変わって行く。いくら多くの引き出しがあっても、子供たちや時代にそぐわないタンスではダメなんだということなんですね。
引き出しを増やす、充実させることばかりでなく、たまにはタンスをリニューアルしないといけない、とおっしゃるんです。

なるほど、本当にそうだと思いました。でも言葉でのたとえは簡単に聞こえますが、実際はそう簡単なことではないはずです。
自分が培った知識や経験、行き方ややり方、そういう様々な蓄積を見直すというのは、大きな勇気と労力のいることです。
それをさらりと言いのけてしまう先生に感動しましたよ。

私も私の中のタンスのリニューアルや改善、増設など積極的にチャレンジして行きたいものだと感じた夜でした。
posted by あくび姫 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26197707

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。