2006年07月16日

鳥の餌やり

過日は歌舞伎観賞教室に行って参りましたが、昨年の6月の歌舞伎観賞教室では、ブタマンちゃんも舞台に出演させていただいていたのを懐かしく思い出しました。
普通、国立劇場では一回公演が多いようですが、観賞教室では昼夜二回公演でした。
一回目の公演が終了後、二回目の公演までの間に昼食を摂ります。
ただ、お化粧をやりなおすほどの時間はなかったので、白ぬりのまま食事をする毎日でした。
ですから、お化粧が崩れないように、特に口の回りに油などが付いたりしないように気をつけて食事しないといけません。
そこでブタマンちゃんには、大きく口を開けさせて、小さくちぎった食べ物を割り箸で入れてやって食べさせました。
食べさせるこちら側も、箸や食べ物が口や顔に触れてはもともこもありませんから、気をつけて気をつけて…。
大きく開いた口の下の真ん中に食べ物を置いて、箸を抜くと、ブタマンちゃんが口を閉ざしてモグモグ…。
口の中が空になると、またぽっかりと大きく口を開いて、あ〜んの繰り返しです。
その姿をご覧になった子役指導の先生には「まるで鳥の餌やりね〜」と言われたり…。(笑)
でもこんなことでもなければ、小学生高学年になった息子にあ〜んなんてする機会もありませんものね。
楽しい思い出です。
posted by あくび姫 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 子役のブタマンちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26252349

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。