2005年07月18日

大きすぎますか…。

今日のオーディションは、声が出せるかと、他の役者さんとの姿のバランスを重視しますとのこと。がく〜(落胆した顔)
しかも、今回受けたお役から考えて、普通の歌舞伎のオーディションだったら、ブタマンちゃんは、はなから呼んでいただけるサイズではないし、けなげではかなげなお役のイメージにしては、ブタマンちゃんは、ちょっと山家育ち過ぎ。

というわけで、今日もまた、「こちらの皆さんは、お疲れ様でした」の組に入った。
さすがに1週間のうちに連続敗北で、ブタマンちゃんたら、落ち込んでいましたよ。
でもちゃんこ鍋を食べたら、復活したみたいです。(笑)
子どものみ5人ずつ部屋に入れられ、順番に名前を言ったあと、「とと様いの〜、かか様いの〜」というセリフのあと、そのセリフにちょっと動きがつけられると言ったオーディション内容だったよう。

100通以上の応募から、総勢70人が書類審査で残り昨日のオーディションに臨んだとか。
16時半からオーディションがスタートし、最終組が終了したのは20時近く。
その日のうちに結果発表があるため、先に審査が終わった組は、オーディション会場になった江戸東京博物館の常設展示を見学しながらの待ち。
最終組のオーディション終了後、なぜか全体で記念写真を撮影。
その後、オーディション前にオリエンテーションを受けた会場に移動し、合格発表だったわけだが、合格者の番号を白板に書き出してあるものを見せられるという形。
私は後ろのほうにいたので、数字自体は見えなかったものの、ブタマンちゃんの様子を見て結果がわかったので、すぐに帰り支度を…。
めずらしく、うなだれているブタマンちゃんはちょっとかわいそうだったかしら。

本日合格した18人のお子達は、明日も引き続きのオーディション。
明日は、個人面接で、親も一緒にということになるそうだ。
スケジュールの話なんかもあるんでしょうね。
posted by あくび姫 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子役のブタマンちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6346263

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。